妊娠検査薬とフライング

 

妊娠検査薬とフライングというのはどのようなものなのでしょうか。
通常、妊娠検査薬というのは早くても生理予定日以降において検査が可能になるのですが、妊娠したい人の気持ちとしては少しでも早く知りたい!そう思うものですよね。

 

勿論、このように思うのは当然のことです。
そのため、生理予定日の前に妊娠検査薬を使用してしまう、ということもあります。

 

ここで気をつけて頂きたいことは、仮に陰性だったとしても落ち込んではいけない!
ということです。

 

生理予定日以降において反応が出るというのが普通なのですから、それよりも前に妊娠検査薬を使用して仮に陰性だったとしても全く不思議なことではないのです。
妊娠をしているのであれば、生理予定日を過ぎてから妊娠検査薬を使用した場合、陽性反応が出るというのも当然のことですよね。

 

もしも、生理予定日以降に検査薬を使用し、陰性反応が出ている場合には化学流産をしている可能性があります。
化学流産というのは、受精はしたのですが、着床状態が継続する妊娠検査薬を使って陰性反応が出た場合には、化学流産の可能性があるからです。

 

化学流産というのはどのようなものなのかをご存知でしょうか。
これは受精はしたものの着床状態を継続させることができなかった、ということをいいます。

 

このようなことを考えた場合にはフライングをした場合には妊娠検査薬による正確性を低下させる原因になりますので、注意をしておくようにしなければなりません。